カスタムカーの祭典に現れたカスタムマークX

2701

1月10日から12日までの2日間幕張メッセで開催されたカスタムカーの祭典、東京オートサロン2014。年々規模が拡大されている東京オートサロン2014だが、今年は30万人近くの人々が自動車メーカーがカスタムしたカスタムカーを見ようと幕張メッセを訪れた。東京オートサロンは新春を飾るモーターショーとして、その地位を固めつつある。

トヨタ自動車が満を持して発表したカスタムカーが、「GRMN MARK X Concept (マークXコンセプト)」である。ベースとなった車は、TOYOTA MARK X。ラグジュアリー感漂うTOYOTA MARK Xをスポーティに変身させたGRMN MARK X Conceptは、見事の一言である。インテリアもスポーティで、MTを採用している。ATが主流の世の中だが、敢えてMTとする事でスポーティな自動車である事を強調している。豪華で落ち着いた感じの自動車も、カスタムするとここまでスポーティになるのである。まさにビフォアアフターである。

GRMN MARK X Conceptは市販される模様で、発売台数は限定100となる見通し。販売時期は2014年内となる予定だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ