彼女に突然さよならを言われないために。注意しとくべきこの人物達

3794
未定 詳細なし

嫉妬なんてみっともないかもしれないけど、焼かずにいられない時だってある。いつも彼女がランチを一緒に取る同僚。「あら、仕事仲間ってだけよ」とクールに言うけど、大抵の人は、そんな風に言うよね。

「彼女の生活の一部となっている異性達については、要注意に越したことありません。いつの間にか、あなたの裏をかいてサラっと彼女を連れ去ってしまうかもしれませんよ。」とは、エイプリル・マシニさん、 AskApril.com. の恋愛エキスパートだ。

いちいち気にするなんて小さい?でも、知っといて損はない。要注意な男性達と対処法

1.仲の良い男友達

永遠のテーマ。異性の友人。男女間の友達関係は成立はありか。恐らく女性の方が「あり」と答えるのでは。2012年にウィスコンシン大学で行ったテストでは、やはり男性の方が「友達としてではないデートをしてみたい」と答える人が多かったそう。

あまり干渉すると返って反感をもたれてしまうし。どうすれば?彼女とその友達とのお出かけに一緒に参加。2人がどんな感じか、その友人がどんな目で彼女を見てるのか観察。あなたと彼女がとてもいい関係だという事もさり気なく見せておきましょう。

いっその事、その彼と友達になってしまえば、手を出されにくいのでは。でも、その前に、彼女がちゃんと友達に「彼氏がいるの」って言ってあるのかどうかを要確認!?

gigamen_Guys_She_Might_Leave_You_For01

2.仕事仲間

なにせ、一日の内の長時間、生活の内の大事な部分を一緒に過しているんですからねえ。しかも、仕事のハードルが高ければ高い程、チームやパートナーとの協力が必要であって、結果、結びつきも深まってしまうというもの。

が、しかし!一緒にいるからといって、同じ仕事をしているからと言って、仲良しになるとは限らない。実は、気の抜けないライバル同士であるとか、良い人だけど、仕事となるとムカつく事ばかりで、我慢して一緒にやってる。なんて事もある。

なので、心配ばかりする必要はないけど、心理療法士のMehta先生が提案するのは、これ。

「確かに一緒に何かをするというのは関係を深めます。なので、一緒に習い事をして共有できるものを持ちましょう。例えば、料理教室は、共同作業&一緒に食べるという2つの長所があるし、ヨガはリラックス気分が得られるのでよい効果を生むと思います。」

3.あなたの友達

意外に危ないのがこれ。自分の友達。奴は、本当に良い友達なんだ。俺を裏切ることなんてないね。なんて、安心してちゃいけません。仲の良い友達って、思考や興味あるもの似てるという事も少なくないのでは。なので、あなたを好きな彼女が、あなたの友達を好きになってしまう可能性もある、という事らしい。

対処法はこれ。友人には彼女の事を、彼女には友人の事を必要以上に話さない。人は、たとえ会った事のない人の事でも、その人についての多くの話を聞いているとなんだかもう知り合いのような錯覚を覚えて、親しい感情を持つんですね。

また、その人についてもっと知りたい、と興味を持ってしまう事もよくあるんだそう。大好きな彼女の事、友達の事を話したいのは分かりますが、程ほどに小出しで。

まだいる。これも注意しとこう

4.スポーツなどのインストラクター

なによりもまず、スポーツのインストは素晴らしい体を持ってる。もう、それだけでイケメン扱い。その上、「素晴らしいよ」と褒め言葉を乱発(恐らく)。誰でも褒められるのが好きだけど、特に女性は、異性から褒められるのが大好き。

しかも、自分個人の事を考えてのアドバイスも特別感があって好き。まあ、これはインストの方の仕事だからなんだけど。つまり、良い気分にさせてくれるのが大好きなのだ。

「例えば、あなたが興味も覚えない彼女の趣味に「いいね」と評価する男性とか、他愛無いジョークで楽しい気分にさせてくれる男性に、すっとなびいてしまう可能性も大なんです。」とマシニ氏。

「なので、とにかくあなたも前向きな発言を忘れないこと。ジムやヨガ帰りの彼女には、「効果出てるね。ぐっとセクシーになってきたよ。」とか。習い事してる子なら、何を習ったの?と興味を持ってる旨を示して、頑張りを褒めるとか。」

君のこと、いつも感心あって認めてるよ。って思って貰えないと気が冷めてしまうものなんです。

gigamen_Guys_She_Might_Leave_You_For02

5.上司

これは、仕事仲間と共通する点もありますが、上司や教授、何かの指導者など、違いはそのポジション。Mehta先生によると、尊敬が好意につながったり、また、女性は、いつになっても肩書きや権威、物知り、豊かさといったものを知らず知らず求めてしまう傾向があるそう。

「安定、安心」を連想させるものを本能的に求めるのですね。年上というのもキーになりますが、守って貰えそうという面から。

先生からの提案は、「若いあなたには、上位の肩書きをすぐに手に入れるのは難しいでしょう。でも、デートに美術館を選ぶなど、ちょっとインテリな一面を見せるといいと思います。

アウトドア派なら、屋外系のキャンプやバーベキューで、色んなテクを披露するとか。意外な知識を見せるのは、彼女の尊敬心をアップさせるし、何かあった時も彼女の側に立って守ってあげるという態度を示してください。」

なるほど、あなたのちょっとした気遣いや態度で、彼女の心がさらわれる心配もなくなりそうですね。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ