ロボットスーツ!HALプロトタイプ!

1963

HALロボットスーツ」を皆さんご存知だろうか、スーツと言っても新橋のお父さんが着ている背広の方のスーツではなくて生体電位信号を読み取って動作するパワードスーツの方です。

生体電位信号なんて言葉を使うと余計ややこしくなってしまいますが見た目はマンガGANTZに出てきそうな近未来戦闘服的なスーツ、そして機能がすごい!

腕、脚、胴体が稼動して装着者が持つ事の出来る重量の荷物がスーツの補助によって5倍になるというから驚き、5キロの米袋を持ち上げるのがやっとのおばあちゃんもこのスーツを着れば単純計算で25キロの孫も持ち上げる事ができるのである!

gigamen_HAL_Robot_Suit01

様々な場面で活躍!?HALロボットスーツ人力に変わる働きを見せるか!

さてこのHALロボットスーツどんな場面で活躍するのかというと、高齢者や障害を持つ人の運動補助を目的として開発されたのである。詳しい仕組みは装着者の皮膚に取り付けられているセンサーが生体電位信号を感知し、信号が内臓のコンピューターによって解析され自動制御装置が作動し、目的の動きを補助する。

電源は腰に取り付けられている電池から使用し、今回紹介したいHALロボットスーツはプロトタイプと名付けられ従来よりも軽量が進んだ次世代タイプ。将来的には工事現場や災害、救助活動など過酷な場所で人力に変わる活躍も期待されているHALロボットスーツなのです!

gigamen_HAL_Robot_Suit02

 

参照元:HALロボットスーツ

この記事をシェア
0 0
記事のタグ