ミラクルな二日酔い防止と二日酔いざましの方法、伝授します!

1195
未定 詳細なし

年末年始のクリスマスパーティー、忘年会に新年会。イベント続きで飲み過ぎて、多くの人が二日酔いで悩まされたことでしょう。

過去にひどい二日酔いを何度経験していても、飲み会があればまたついつい飲みすぎちゃうのが悲しいかな、酒飲みの性なんです。

過去にひどい二日酔いを何度経験していても、飲み会があればまたついつい飲みすぎちゃうのが悲しいかな、酒飲みの性なんです。

そこで、飲んでも二日酔いにならない「二日酔い防止の方法」と、最悪二日酔いになってしまったときの「二日酔いざましの方法」をお教えしましょう。

飲む場で、そして飲んだ後にやっておくべきこと

1.お腹に何を入れるか、その順番が大切です。空き腹にアルコールを流し込んではダメと言いますが、これ、本当なんです。仲間で「乾杯!」と盛り上がって、まずはビールビール、と一気にグラスをあけてしまわず、乾杯で一口、おつまみや食事をある程度口にしてから、本格的に飲み始めましょう。

2.「カクテル前のビールほど怖いものはない」と言いますが、要は、「お酒は混ぜて飲むべからず」と言うことです。ビールならビール、ワインならワインで「1種攻め」が賢明です。

どうしても何か違うものを飲みたいと思ったら、ワングラス、1種類だけ違うものを飲むだけにしておきましょう。

hangover-prevention-recovery-01

3.アルコールの脱水作用で脳細胞の水分が不足して、頭痛などといった二日酔いを引き起こします。飲み会やイベントでは、こまめに水を飲んでおきましょう。水を飲むことでおなかも膨れて、飲みすぎの防止にもなります。

4.飲みすぎたと思ったら、ビタミンBを摂取してから深く長い眠りにつきましょう。スタウトなどの濃い色のビールにはビタミンBが含まれているため、二日酔いしにくいとの説もあります。

5.「飲みすぎない」、これにつきます。

hangover-prevention-recovery-02

飲んだ日の翌日、二日酔いっぽいと思ったら・・・

1.とにかく寝ること。

2.苦しいのなら我慢せず、鎮痛・解熱剤のイブプロフェンなどといった薬に頼ってしまいましょう。アメリカでは、胃酸過多に効くという薬の「TUMS」が二日酔いブラザーたちの間で人気だとか。

3.誰か頼りになる友人やパートナーにいてもらうと、身の周りのことをやってもらえて、ラッキーなら食事の用意もしてもらえちゃうかも?

4.食事はさっぱりめを・・・と思いがちですが、実は量は多めで、脂肪分も高めの食事が良いんです。スパイスの効いた食事だけは避けましょう。そして、そのまた翌日の食事は、バランス良く味付けも薄めの健康的な内容に戻しましょう。

hangover-prevention-recovery-03

5.そしてまた、とにかく寝ましょう。自分がコントロールできずに二日酔いになってしまって、動けない・・・自業自得ですよね。でも、本当に気分が悪いのであれば無理をせず、会社も休んでゆっくり体を休ませましょう。

hangover-prevention-recovery-04

もちろん、会社を休むなんてことは極力避けないといけませんが、こう見てみると、やはり二日酔いを避けるポイントは、「飲む前と飲むときの注意をしっかり守る」ということですね。

お酒が入ると思考が麻痺してしまいますが、お酒に飲まれてしまう前にしっかり上記のポイントを頭でリピートして、楽しく節度をもってアルコールの摂取を楽しみ、翌日も元気に出社し、二日酔いを恐れず飲み会にもまた参加しましょう!

参照元:TREKTECH BLOG

この記事をシェア
0 0
記事のタグ