近未来型SFデジタル時計が120個限定販売

5750
$258,000 (日本未発売)詳細ページ

ニューヨーク5番街に本店を構える世界的宝石商ハリー・ウィンストンがやってくれた。デジタル腕時計の常識をくつがえす、近未来的な腕時計「ハリー・ウィンストン オーパス12 (Harry WinstonOpus12)」を発売したのだ。腕時計といえば、「12方向に動く針タイプ」か「時計の画面に数字が印字されるタイプ」、その2つをみなが思い浮かべるだろう。

ところが、ハリー・ウィンストン オーパス12(Harry WinstonOpus12) は、メタリックボディから青いライトが点滅することにより、私たちに時間を教えてくれる。時計の針のように、放射線状(12方向)に広がる青いライトはイルミネーションのように美しい。

一方、秒針はデジタルではなくアナログな針。ただし、普通の秒針ではない。なんといったって、1〜5秒しか表示できない、5秒間隔の秒針(実物をみないとイメージしにくいが)。乗用車やオートバイのスピードメーターをイメージしてもらうといいかもしれない。

デジタル時計なのに、どこか情報化の現代を揶揄するかにも見えるSF的デザインのハリー・ウィンストン オーパス12(Harry WinstonOpus12)。120個の限定販売とのことだから、欲しい人は急ぐべし!!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ