コルベット・スティングレイがテキサス産の「ヘネシー」に酔いしれる。

3326

ヘネシーHPE700C7コルベットスティングレイ(2014 Hennessey HPE700 C7 Stingray Corvette)」の「Hennessey」とは、米国テキサス州の、アメリカで最も有名なチューナーの1人、ジョン・ヘネシーが1991年に立ちあげたヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリングのこと。さらに、停止状態から1マイル(1.6km)の距離に達した時点での速度を競う「テキサスマイル」という競技では、ヘネシーが手がけたフォード「GT」が世界最速記録(430.83km)を達成している。

また、ロータス・エクシージをベースにしたオリジナルモデル「ヘネシー・ヴェノムGT」も発売、ヴェノムGTスパイダーというタルガトップモデルがデビューし、第1号車を購入したのはエアロスミスのボーカル、スティーブン・タイラーだったりする。

HPE700 C7 Stingray Corvetteは、コルベット スティングレイC7の6.2L V型8気筒エンジンを最高出力700hp程度にパワーアップするエンジンキットを中心としたこのパッケージは、Eスーパーチャージャーなどで構成。他にエアアウトレット付きのエンジンフードなどのボディキットが装備される。

このHPE700 C7 Stingray Corvetteの米国での販売価格は、C7 コルベットの52,000ドル (約520万円) の本体のメーカー希望小売価格の上に、18,450ドル (約184万円) を追加したもので、意外とお手頃だ。
また、Hennessey Performanceでは、最高出力600hpの”Hennessey HPE500 Corvette”や、ツインターボを装着した最高出力800hp仕様と、さらに強力な最高出力1000hp仕様のコルベットのリリースも計画しているというから、ブランディーでなくても酔いそうだ。吐くかも・・。
この記事をシェア
0 0
記事のタグ