悪趣味なプレゼントをもらっちゃったときの賢い反応の仕方

734
giphy
未定 詳細なし

クリスマス、ニューイヤー、バレンタイン、バースデー。誰でも1年に2~3回はプレゼントをもらう機会があるかと思いますが、人それぞれ、趣味も違えば好みも違います。

「あなたにピッタリだと思って」、と黒と黄色のストライプのド派手なネクタイを渡されても、「ミツバチか~い!!!」と叫びたい気持ちは全力で押えましょう。どんなに悪趣味なプレゼントであっても、絶対使わないプレゼントであっても、もらった時にさらりと快い反応をするのが本当の素敵な男性です。

1. 大げさなジェスチャーと共に、「いや~、やられた!」的な顔をする

プレゼントを開ける前に、ちょっと振ってみたり、重みを確認するような仕草をしておきましょう。開けたと同時に目に飛び込んできたものが、おしゃれ感ゼロの極太極厚のもっさもさなマフラーだったとしても、「あー、これだったのか!」と、“良い意味”で期待とは違ったといった雰囲気を醸し出しておいて、最後は「ありがとう」の一言で締めくくりましょう。

2. 「うわあ、すごくかっこいいよ!!!」(15年前だったら・・・ね)

こみ上げる本心は口に出さずにそっと心の中にしまっておいて、作り笑いでも良いのでとにかく笑顔で、「素敵だね」、「いいじゃん、これ」といった言葉を相手に捧げましょう。時代が読めない人っているんです。10数年前だったらかっこよかったんだけど、とは口が裂けても言ってはいけませんよ。

3. 「自分ってそんなに分かりにくい人間だったっけ?!(笑顔+苦笑)」とちょっと拗ねてみる

あるんです。特におじいちゃん、おばあちゃんからのプレゼントで、なぜか男の自分に対するプレゼントがピンクのハンカチだったり、リボンがついたシャツだったり・・・「これって女の子向けでしょ」とピシャリと真実を告げず、ここは、ちょっと拗ねつつも、プレゼントをくれた相手も一緒に笑えるような反応を。「最近ちょっと髪の毛伸ばしすぎてたからかね」な~んて大人な反応をしておくと、スッキリとその場をやり過ごすことができます。

プレゼントをしてくれるということは、あなたのことを想ってくれているのですから、どんなに悪趣味なプレゼントであっても、相手の気持ちをしっかりと受け止めて、最高の笑顔とありがとうをお返しにしたいですね。気遣いができる優しいあなたなら、きっといつか本当に素敵な自分好みのプレゼントがもらえるはず!

参照元:MODERN MEN

この記事をシェア
0 0
記事のタグ