曲がる?ねじれる?色が変わる?近未来の携帯電話

5774

AppleのiPhoneが登場してからというもの、直感的に操作できるUIがすっかり定番となってしまった。携帯電話は一日24時間、ほとんど肌身離さず持ち歩くものだから、より人間の感覚に近いものが求められているかもしれない。

フィンランドの電気通信機器メーカーであるNokiaが発表したヒューマンフォーム フォン(HumanForm Phone)」はHumanform(人間型)というだけあって、あらゆる点において直感的だ。デザインは手に馴染むリーフ型をしており、透明の本体にアイコンが浮かんでいる姿はまるで美術品のよう。本体全体がタッチスクリーンになっているのに加え、曲げたりねじったりすることでページ送りをしたり、写真をズームアップできる点など、「携帯電話=硬いもの」という固定概念を越えて一歩人間に近づいた感じだ。

また、ムードマネジメント システムと呼ばれる機能も搭載しており、通話中、会話のトーンから相手の感情を判別し、感情に応じてヒューマンフォーム フォン(HumanForm Phoneの色が変化するというのだから、なんとも人間溢れるやつではないか。

「持ち物は持ち主を語る」というが、このヒューマンフォーム フューチャー フォン(HumanForm Phoneを持っていれば自分の評価も上がるに違いない。発売されたら一度は手にとってみたい。その魅力をまずは動画で確認して頂きたい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ