紫煙の記憶を記録する

983
$13/3-pack詳細ページ

昔のハリウッド映画を見ると、男女問わずキメのシーンで紫煙をくゆらす主人公は多い。紙巻き、シガー、葉巻、タバコとその種類は違えど、現代でも舶来物のそれらを扱う店やたばこ屋では、愛煙家たちが自分の好みを選んでいる姿が粋なことに変わりはない。

ワインにおけるボトルのラベルやコルク同様、葉巻もその味や香りをたしなむだけではなく、ブランド名などが記載された帯を集めている人は多い。帯のデザインは原産地や製造会社によって個性があり、その芸術性ゆえにノンスモーカーでも思わず収集癖をそそられる。しかしきちんと保存しないことには、せっかくのコレクションがだいなしだ。「ヒュミドールノート( Humidor Notes )」ならブランド名、価格、吸った日の天気など、その葉巻の全ての情報をオーガナイズ可能。もちろん集めた帯を貼るために粘着面のついたスペースもある。

ちなみにHumidor( ヒュミドール)とは湿度や乾燥から葉巻を保湿保管するための箱。褐色のエキゾチックな外見によらず、繊細さと奥深さが葉巻の魅力なのかもしれない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ