軽自動車のSUV!スズキハスラーが個性的だ

1889
¥999,000~詳細ページ

ご存知の通り、再来年から新車に限り軽自動車税が増税となる見通しだ。アベノミクスと言う言葉ばかりが先行しているが、弱者から税金を取ろうという姿勢には閉口するばかりである。スズキの鈴木修社長は、「軽自動車税増税は弱い者いじめ」と政府の姿勢を批判している。一部失言とも取られかねない発言で物議を醸したが、鈴木社長の想いは「安くて機能性の高い車を廉価で提供したい」と言う事ではないだろうか。スズキはこれからも安くて良い車を生産してくれる事だろう。

そんなスズキが1月8日に発売した車が「ハスラー (Hustler)」である。ハスラーは軽自動車とSUVが合体した全く新しい軽SUV車。軽自動車でもオフロードを快適に走行出来る車として誕生した車である。軽自動車と聞くと安全性が心配なイメージがあるが、ハスラーはレーダーブレーキサポートと言う衝突回避システムを搭載し、事故を防いでくれる。

そして何よりも可愛らしいデザインがハスラーの最大のウリである。スズキと言えば「マイティーボーイ」のイメージが強いが、ハスラーはどこかマイティーボーイを感じさせる可愛らしさである。イメージカラーはオレンジで、他にブルー、フェニックスレッド、キャンディピンクが用意されている。

ハスラーは1月8日に発売が開始されている。消費増税、軽自動車税増税前の今が買い時である。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ