どんなナットでもボルトでも!万能レンチが登場

3073

一見すると何か分からない製品。「これはレンチ」と説明されれば驚くかもしれない。ご存知の通り、締緩作業には欠かせない工具だ。握ったことがないという人はなかなかいないだろう。

逆にナットやボルトに合わせた数多くのレンチがあることを知っている人は多いはずだ。だからこそ、数ある用途のほとんどに使える革新的なレンチを紹介したい。7mmから19mmまでのあらゆるナットやボルトに対応するニッケル製の「ハイドロキネティック・アジャスタブル・レンチ(Hydrokinetic Adjustable Wrench)」だ。

斬新なツールのハイドロキネティック・アジャスタブル・レンチ(Hydrokinetic Adjustable Wrench)の使い方は至ってシンプルだ。レンチの中央にあるつまみを調節することで、ナットやボルトの大きさに合わせる。流体動力学の原理をヒントにしており、中心の液体コアの量が調節されることで、どんな大きさのものでも取り外しが可能になる。冷間鍛造により、レンチの強度も折り紙つきだ。

特筆すべきは痛んでしまったナットやボルトも簡単に取り外せる点。これに苦労したことがある人もいるかもしれない。また、人間工学を元につくられたレンチなので、どんな場所――家のダイエット器具のナットから危険物が入ったタンクのボルトまで――にも対応できる。

動画を見ると、ナットにレンチががっちりはめ込んで回しており、回すのも楽そうに見える。あまりにスムーズなのでやってみると楽しく感じるかもしれない。お値段は24ドル99セント(約2000円)と手頃で、米国アマゾンから入手可能だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ