苦みで爪を噛む癖を矯正するネイルケア剤に着目 健康な爪の形成も

1897

YouTube集客をスタートするためのやり方をプレゼント中!!

26ドル(約3000円)~詳細ページ

「子どもが爪をよく噛むので困っている」という親御さんなどは必見です。韓国発、口に入れても安全な苦み成分によって爪を噛む癖を矯正するネイルケア剤「i-Finger」の先行販売プロジェクトが2021年11月、米クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で成立しました。

爪噛みで生じる問題は爪や口周りの炎症だけではない

「i-Finger」を紹介する前に、爪を噛むデメリットをはっきりさせたいと思います。今回の新製品を開発した女性はPR動画の中で、自身の子どもが爪を噛むようになり、爪や口の周りで炎症を起こすようになったと明かしました。PR動画では爪を噛み続けることで、歯並びに悪影響を及ぼしたり、細菌が口から体内に侵入して腹痛などを引き起こしたりするリスクも説明されています。

ネイルケア剤の使い方は簡単です。ペン型容器の端を回してネイルケア剤をブラシに染み込ませ、ブラシで子どもの爪に塗り、乾かします。爪をうっかり噛んだら、顔をしかめること間違いなし。それくらいの苦みで爪を噛む癖の矯正を目指します。「子どもが可哀そう」という声もあるかもしれませんが、「爪噛みをやめさせるこんな方法もあるのか」と知るのは悪いことではありません。

有害物質はなし。爪の栄養になる成分が含まれている

爪を噛む習慣がある子ども向けの苦いマニキュアは既に市場に出回っていますが、中には子どもに摂取させたくない有害物質が含まれている場合があります。しかし「i-Finger」に含まれている成分に毒性はなく、それどころかケラチンなど爪の栄養になる成分が含まれています。爪に塗ることで、爪をより清潔に、より健康に、より強いものにすることができます。

子どもが爪噛みをためらうように意識付けし、爪をより健康なものにするのに加え、床に落としても中の液体が飛び散らないというメリットもあるペン型のネイルケア剤はいつか日本市場に参入してくるかもしれません。それまで待てないという方は、同じコンセプトの商品がAmazonに存在しますので、検索窓に[爪噛み 防止 マニキュア]と入力してみてください。

<参照元>INDIEGOGO

この記事をシェア
0 0

YouTube集客をスタートするためのやり方をプレゼント中!!

記事のタグ