飛行機を操縦してスポーツ感覚で大空を飛び回ろう!

4014

鳥のように大空を飛び回りたいという人類の夢。あのライト兄弟が有人飛行に初めて成功したのが1903年。それから100年余りが経過し、私たちはついに自家用飛行機を乗り回す、いや、飛び回すことに成功した。

それが「Icon A5 Aircraft (アイコンA5エアクラフト)」である。実にクールな外観を見せている。飛行機のコックピットというと正面や天井が計測器で埋め尽くされていて、いかにも難しそうという印象だが、このコックピットは飛行機というよりは自家用車であり、気軽に飛べちゃうという気持ちにさせてくれる。両主翼は折りたたみ式であり、トレーラーに積み込んで運ぶことができる。水陸両用の構造なので、湖などの水辺に運んで、そこで自由に離着陸する。万が一に備えてIcon A5 Aircraft自体にパラシュトが付いているところも、プライベート感に溢れている。

Icon A5 Aircraftを操縦するためには、もちろん免許が必要であるが、海外の方が取得しやすいと言われているので、アメリカで取得して日本の免許に書き換えるという方法もあるようだ。約1000万円を出せば、スポーツ感覚で大空を飛び回る夢を手にすることができるということである。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ