夏旅行に持っていきたい!多機能ポータブルクーラーに熱視線集まる

2549
299ドル(約3万9000円)~詳細ページ

米国発、夏のアウトドアを涼しくする上、ポータブル電源やライトやBluetoothスピーカーとしても使える多機能ポータブルクーラー「IcyFlow Pro」の先行販売プロジェクトが2月、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立しました。

冷たい風を最大6時間も浴びられる

「IcyFlow Pro」があれば、夏のキャンプ場で過ごす時間が楽しいだけでなく、快適なものになりそうです。というのも、簡単操作により、冷たい風を最大6時間も浴びることができます。重量は9.8kgありますが、ハンドル付きなので、持ち運びはそれほど苦にならないはずです。

クーラー以外にも「アウトドアにあればいいな」と思う機能を多数備えているのが「IcyFlow Pro」。18.4Ahのポータブル電源としても使えるので、スマホのバッテリー残量がピンチになっても大丈夫です。USB-C/USB-Aポートに加え、ワイヤレス充電パッドも搭載しています。

廉価版でも夏の停電時の暑さ対策に

外気温をあっという間に約5度下げられる「IcyFlow Pro」は他にもLEDライト、Bluetoothスピーカー、カートリッジ式蚊よけ機能も備えています。どれもアウトドアを楽しむのに役立つものばかりで、クーラーが必要ない外気温だとしても「持ってきてよかった」と思えることでしょう。

クーラー稼働中の騒音は「42dBで眠りを妨げるほどではない」としている「IcyFlow Pro」の先行販売プロジェクトは418人から支援を受けました。夏の停電時の暑さ対策にもなるクーラーはポータブル電源機能なしの廉価版も用意されており、全体の約2割は廉価版を選んでいます。

<参考元>Kickstarter

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ