これだけ知ってれば何とかなる 海外旅行に便利な10のフレーズ

1797
未定 詳細なし

海外旅行に近々行く予定は?なんとか外国語を駆使して楽しい旅にしたいものだが、いちいち行く先々の言葉をマスターしている時間は無い。ということで、言葉の通じない外国でもこれだけは!というフレーズリストアップしてみた。

1. こんにちは

基本中の基本なので、ちゃんとアクセントも練習しておこう。ただ、上手すぎるとその後が困る。そういう場合は次。

gigamen_Important_Phrases_Language01

2. ~語は喋れないのですが、日本語(英語)は話せますか?

相手が絶対外国語なんて話せなさそうだなと思っても、シャイな人はまずこれでキッカケを作ってみよう。最低限、自分が交流を取りたがっていることは伝わる。

3. お願いします、ありがとう

特に英語圏では、プリーズとサンキューが言えないと白い目で見られてしまう。言葉がわからずイラついてしまっている人でも、それを言われると許してやろうという気にもなる。

gigamen_Important_Phrases_Language02

4. 助けて!

危険な目に遭ったときはもちろん、「助けて!日焼け止めが背中にぬれないの~」とか「助けて!食べすぎてイスから立てないの~」とか。

5. すみません

これは日本人がよく使うフレーズなので得意中の得意なはず。他の多くの言語でも同じく、同時に呼びかけと謝罪の意味をなすので便利。

6. ~はどこですか?

角を曲がるたびにその辺にいる人にあててこのフレーズを連発してみよう。そうやってなんとか目的地にたどり着けるはずだし、同時にそのフレーズもきっちりマスターできているはず。

gigamen_Important_Phrases_Language03

7. トイレはどこですか?

少しでも言い方を間違えるとお下品になるので、正しい言い方をマスターするように。清楚な女性に「便所ドコ?」なんていきなり言われてもちょっと笑ってしまう。

8. ~が必要です

トイレと同じように、言い方を間違えると少し無礼な感じになってしまいがち。しかしながら知っておく必要があるのは「必要」という単語。

9. 乾杯!

アメリカに行ったら「チアーズ(Cheers)!」イタリアに行ったら皆で「チンチン(Cin Cin)!」。お酒を飲むシチュエーションは国際交流に最適!

gigamen_Important_Phrases_Language04

10.~にアレルギーがあります

アレルギーが無い人もいるかもしれないが、たとえば緊急で医者にかかったときにまず一番に聞かれるのが「何かにアレルギーがありますか?」という質問。もちろんアレルギー体質の人にとっては生死を分けるフレーズ。

これだけ話せると何とか生きて日本に帰ってこれるはず。あと筆者の友達は「アイラブユー」を12ヶ国語で覚え、各国の女の子を口説きまくっている。まったくの片言だとしても、うまくやれるかやれないかは基本フィーリングなのだと思う。

参照元:mental_floss

この記事をシェア
0 0
記事のタグ