成功へのマジック 朝の憂鬱をなんとかやっつける方法

2818
未定 詳細なし

低血圧や夜更かしなど、朝が苦手な人は多い。しかし朝時間は一日のうち一番重要な時間であり、充実した朝を過ごすことは充実した一日を送ることに不可欠だと言われる。多くの人が経験するこの朝の憂鬱をやっつけて、素晴らしい一日にする方法をいくつかご紹介しよう。

モーニングストレッチ

朝は常にドタバタで非常に忙しいという大人は多いが、目を覚ました時点でのストレッチが簡単でお勧め。3分間だけでもいいので関節を動かして筋肉をゆっくりとのばすと、体のむくみが取れて便秘解消にもなる。

gigamen_Improve_Morning_Routine01

タンパク質中心の朝食

朝ごはんの定番といえば乳製品や炭水化物。しかしここではあえて、卵やチーズなどのタンパク質を意識してみよう。目の前にある忙しい一日のエネルギー源となる。gigamen_Improve_Morning_Routine02

準備は前の夜に

小学生でも知っていること。前の晩に数分準備するだけで、朝のストレスがかなり軽減される。着る服の準備、メガネや鍵を定位置に置く、朝食の用意など。

日光を浴びる

自然光でも人口光でもOK。日の光を浴びることは、体に睡眠ホルモンのメラトニン生成をストップさせるシグナルとなる。目を覚ました時点で、すぐにカーテンを開けるようにしよう。

gigamen_Improve_Morning_Routine03

運動

実際なかなか難しい朝の運動だが、朝食の前にワークアウトを欠かさないという成功者は多い。「朝の運動=保証された成功」なんて方程式を頭の中にたたき込み、ポジティブな気分でまずは朝の散歩へGO。

gigamen_Improve_Morning_Routine04

スヌーズボタンはNG

「あと5分…」の二度寝は気持ちがいいのだが、一度アラームが鳴った時点でレム睡眠はストップし、再度寝入ることで体内のリズムが壊されてしまう。目覚まし時計が悪魔だと感じるのなら、アラーム音には優しい音を選ぼう。

テクノロジーの力を借りる

そこにテクノロジーがあるために睡眠不足になる人も少なくはないが、快眠を促進して朝を快適にしてくれるテクノロジーもそこにはある。一番浅い眠りの瞬間に起こしてくれるアプリなどを試してみては。

gigamen_Improve_Morning_Routine05

「朝起きは三文の得」。とりあえずは心を鬼にして上記のことを行なってみよう。素晴らしい一日をずっと続けると、素晴らしい人生になる。成功者になることは、案外簡単だったりするのかも。

参照元:Entrepreneur

この記事をシェア
0 0
記事のタグ