「USBポート足りなかったら積み重ねればいいんじゃね?」から生まれたInfiniteUSB

3243

USBポートが足りなくてデータ取り込み、データ保存、充電など同時に作業できないことありますよね。「InfiniteUSB」があればそんな問題なんて瞬時に解決です。

その名のとおり「果てしなく続く」スタック型USB

手持ちのモバイルデバイスは増えたのに、ノートブックのUSBポートぜんっぜん足りないし!いつも充電後回し。それにUSBケーブルも数種類あって増えるばかり。1つの作業が終わったらUSB外して、次のUSBをつないで、の繰り返し。超めんどー。

最近ではスマホ2台、iPod、仕事のデータが取り込んであるUSB、と4本も5本もUSBケーブルがデスク上に散らばっていることも珍しくないでしょう。デスク上はケーブルだらけで、またこれがたまに絡まっちゃったりするもんだからイライラします。

gigamen_InfiniteUSB01

InfiniteUSBさえあればUSBポート「1つ」で事足ります。USBポート1つで使えるデバイスは無限。重ねていけばいいんです。

それだけのことなのになんでこれまで誰も考え付かなかったの?!偉大なる発明っていつだって単純な誰でも考えるような「思いつき」からうまれるもの。ささ、思い切って手持ちのUSBケーブルぜ~んぶ捨てちゃってください。

InfiniteUSBは、マイクロUSB、Lightning、USB(メス)の3種類で、iOS、Android、その他USBポート搭載のデバイスならどれでもきちんと対応。engadgetやGizmodeなどのテク系サイトも大絶賛なスゴ腕ガジェット。

gigamen_InfiniteUSB02

マグネット式のケーブルは小さくまとまって携帯性も抜群

InfiniteUSBケーブルの先端部分はマグネット仕様になっていて両先端がピタリとくっつくので、ぐるぐる巻かなくても胸元のポケットに忍ばせて外出OKなコンパクトさ。

ありきたりな黒ベースのケーブルではなく、流行りのホワイトとポップなカラバリで実にオシャレ。

デスクすっきり、見た目にも良し、保管や移動にも場所を取らず、機能性も高いコンパクトガジェットがまた登場して、デスク上がすっきりするどころか逆にデスク上が新しいガジェット類であふれかえってしまいそうです。

参照元:InfiniteUSB

この記事をシェア
0 0
記事のタグ