空気入れ内蔵の自転車でどこまでも inflator Bicycle

1830

自転車に乗った瞬間に漕ぎ出すと、ちょっとした重さを感じる。なんとなくタイヤと地面の接面が多い。そう、空気が抜けてしまっているのだ。ところが空気入れは家、すでに出かけているため戻る気はしない。軽く萎える瞬間だ。なぜに自転車のタイヤの空気は、嫌なタイミングで抜けているのか?

gigamen_Inflator_Bicycle01

空気入れと自転車が合体した

空気入れがないなら、パーツの一部にしちゃえばいいじゃないか?と自転車のボディに空気入れを合体させてしまったのが、この「Inflator Bicycle (空気入れ内蔵自転車)」だ。ポンプのハンドル部分の役目を果たすのがサドル部分。

ここを上下することで、空気がシートポスト(サドルの下のポール部分)から出ているホースへ流れ、前輪と後輪に供給されるのだ。使わない時にはノズルはサドルの真下に収納できる。

「あら、自転車の空気が抜けてしまっているわ」などという、女性をみかけたら、Inflator Bicycleでさっと近づき、「お嬢さん、私が入れてさしあげましょう」などということがあるかもしれないので、一台あってもいいかもしれない。

 

参照元:Yankodesign

この記事をシェア
0 0
記事のタグ