SNSに自分の軌跡を投稿、緊急時に頼もしいGPSツール「inReach」

1266

「緊急時の連絡は携帯電話があるから大丈夫」と登山に出かけて、いざ電話しようと思ったら標高が高すぎて圏外になってしまった。あるいは電池が切れてしまっていた。それでは身の危険が降りかかった時、携帯電話は全く意味を成さなくなります。

そこで登場するのが「inReach(インリーチ)」。搭載されたGPSで自分の位置をスマートフォンに送信します。また、自分のスマートフォンと連携し、ショートメールの送信ができます。さらにスマートフォンに専用の世界地図アプリをダウンロードする事でマップを基にした位置情報の確認やFacebook、Twitterへの投稿など、スマートフォン同様の機能を持っています。

自信の身に危険が起きた場合は、inReach(インリーチ)のSOSボタンを押します。するとセンターに連絡が入り直ちにレスキュー隊がに到着します。もう緊急時に圏外や電池切れでイライラする事はありません。ちなみにSOSボタンをテストで押すとキツイお叱りを受けるそうです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ