新しい投資法 国内バイナリーで手堅く稼ごう

1995
未定 詳細なし

同じ外国為替を扱った投資であるFXと比べて、わかりやくリスクが低いと評判のバイナリーオプション。特にこれまで全く投資やトレーディングの経験がない人に好評のようだ。

バイナリーオプションはナゼ人気なのか?そして本当に稼げるのか?バイナリーオプションの超基本についてまとめてみた。

バイナリーオプションってそもそも何?

バイナリーオプションの「バイナリー」とはそもそも「2つの」や「二択の」という意味である。つまりバイナリーオプションとは、対象となる通貨ペアのレートが、現在よりも上がるか下がるか、その方向だけを当てる取引なのだ。

実際にバイナリーオプション業者の取引画面を見てみると、現在の為替レートを中心としてその上下にいくつか目標レートが設定されている。

バイナリーオプションの各銘柄は2時間おきに勝敗の判定時刻を迎えるのだが、その時刻に目標レートよりも実際のレートが上にあるのか、下にあるのかを当てるのがバイナリーオプショントレーディングなのである。

gigamen_Investment_Binary_Options01

勝つためのコツ

バイナリーオプションで勝つためには何よりも「トレンドを見極める」ことが肝心である。トレンドとは「大きな方向感」のことだが、例えば、米ドル円であれば円安傾向にあるのか、円高傾向にあるのか、そのざっくりとした大きな流れをまず掴むことが大切なのだ。

バイナリーオプションではFXと違ってあまり値幅は重要ではない。判定時刻に上下の方向が当たっているかどうか、ほぼそれだけで勝敗が決するのである。

バイナリーオプションで長い目でみて勝ちを積み重ねるためには、とにかく大きな流れに逆らわないことが重要だ。もちろん各種テクニカル分析手法などを覚えればどんどん勝率が高まっていくことは間違いない。攻略サイトやマネー雑誌などで勉強しつつ、少額からスタートしてみるのが良いだろう。

攻める時と休む時 そのメリハリをきかせよう

バイナリーオプションは原則として月曜朝から金曜の夜中までほぼ24時間稼働している。だが、いくらバイナリーオプションが手軽とはいっても常に延々と取引を行うのは得策ではない。

為替相場にはレートが大きく動きやすいタイミングとそうでないタイミングがある。相場がある程度方向感を持って動く場面でなければ勝てる可能性は当然低くなる。

投資には「休むも相場」という格言があるが、攻めるべき時と様子を見るべき時のメリハリをつけることが勝ち組になるための秘訣なのだ。

相場が動く可能性が一番高いのは重要経済指標の発表時だ。日本でいえばGDP速報値や日銀短観、日銀の金融政策決定会合後の総裁記者会見などが当てはまる。

また、米国の雇用統計や欧州中央銀行の総裁記者会見時なども相場が大きく動く可能性が特に高いタイミングとして知られている。

注意!海外業者には手を出すな!

始めるためのハードルがとにかく低いのがバイナリーオプションの良いところだが、一点だけ絶対に避けるべき注意ポイントがある。それは「海外業者と関わらない」ということだ。最近、バイナリーオプションの人気に便乗する形で怪しい海外バイナリーオプション業者が急増している。

海外を拠点に置くバイナリーオプション業者に関してはトラブルが頻発しており、出金がスムーズに行えなかったり、電話による連絡が急に不通となるなど不誠実な運営が目につく。

現在、金融庁も個人トレーダーに対し警告を発しているような状況だ。バイナリーオプションを始めるに当たっては国内にきちんとした拠点を持っている業者を選ぶことが絶対条件となるのである。

参照元:ZAi

この記事をシェア
0 0
記事のタグ