iPhone6 ”シームレス”と”エッジカット”

3510
未定 詳細なし

シームレス、エッジカット。これがまさにファーストインプレッション。ついにiPhone6が公開された。当初から従来のモデルよりも大きなディスプレイを持つことになるという噂があり、これを裏付けるリーク情報も多数あった。

現実に発表されたiPhone6は、従来のモデルよりもかなり大きくなっている。確かに5.5インチは大きい。しかし、その大きさを感じさせない。その原因はエッジカットにあるのではないだろうか。丸みを帯びた形状がその大きさを包み込んでいるのである。

その大きさを感じさせないフォルム

さらに「包み込んでいる」原因としてシームレスを上げることができるだろう。スマホの世界でシームレスという言葉を使うとは思わなかった。シームレスつまり縫い目がないのである。正確には継ぎ目がないと言った方がいいだろう。

ディスプレイに継ぎ目がないなどということは、これまでのスマホの世界では考えられなかったことである。早く手に取って、そのシームレスとエッジカットの感触を味わってみたい。新しいiPhone6は、4.7インチモデルと5.5インチモデル。まずは外観から攻めてみた。

参照元:Appleinsider

この記事をシェア
0 0
記事のタグ