手のひらサイズのプロジェクター iPhoneで撮影したものをどこでも上映可能に

1822

プロジェクターがこれだけシンプルになって登場。「iPhoneプロジェクター」はその名の通り、DOCKコネクタに接続して使う、コンパクトなプロジェクターだ。リビング/お店/お風呂場/車の天井など、投影できる白い壁と暗くできる設備があれば、どこでも使用可能。手のひらサイズなので、持ち運びも楽チンだ。価格は7,495円

gigamen_FS-IPROJECTER01

iPhoneプロジェクターの使い方は千差万別だ。友人の誕生日パーティー、大学の卒業コンパ、知り合いの送別会。そうした場であらかじめ撮影・保存しておいたもの(ビデオメッセージや思い出の写真のスライドショー)を上映し、盛り上がりや感動の涙を演出することができるだろう。

gigamen_FS-IPROJECTER02

バッテリーだが、接続したiPhoneやiPadのバッテリーをそのまま使うので、それ自体は搭載していない。そうすることでコンパクトさを実現したプロジェクターには、三脚やAVケーブルも付属している。三脚は安定した状態での上映を可能にし、ケーブルがあればTVへの出力もできる。購入はAmazon.co.jpからどうぞ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ