望遠、広角、魚眼の3つの機能を付加するiPhoneケース

1651

プロセッサにデュアルコアのA5を搭載することによって、前面8メガピクセルのカメラもオートホワイトバランス、色精度の向上や、顔検出機能など飛躍的な進化を遂げたiPhone 4s。今回紹介するギアは、そのカメラに望遠、広角、魚眼といった3つの機能を付加するケース。

gigamen_The_iPhone_Lens_Dial01

0.7×広角、0.33×魚眼、1.5×望遠の3つのレンズは Aircraft-grade aluminum 航空機に使用されるグレードのアルミ加工が施された筐体にディスクダイアルでまとめられ、瞬時にシーンの切り替えが可能。しかしなんといっても、このギアはデザインの秀逸さに尽きるのだ。

ズームレンズが開発される前の16ミリシネカメラに備えられていた広角、標準、望遠の3つの固定焦点レンズをまとめたディスク。報道カメラマンは即座にシーンを判断し、ファインダーそれ自身のレンズの選択もこなしながら、取材に明け暮れていたという。

そんなレトロモダンなデザインに思いを馳せながら、あなた自身の確かな目で「報」をつかさどってみてはいかがだろうか。

gigamen_The_iPhone_Lens_Dial02

この記事をシェア
0 0
記事のタグ