現代版ジュークボックスが登場 音楽の楽しみ方がまたひとつ

2420
約10万円詳細ページ

あなたはジュークボックスを見たことがあるだろうか。発祥はアメリカ合衆国で、最盛期は1950年代とも言われる。私は40年後に生まれた世代なのだが、なぜか近所のボウリング場に置いてあった。皆でボウリングを楽しんだ後、誰かがジュークボックスで有名な曲を流していた。なんだか愉快な時間。今も設置されているかは分からない。私より上の世代にはよりなつかしく感じるのではないか。

そんなジュークボックスが現代に蘇った。『iPod ジュークボックス(iPod Jukebox)』から流れてくる音楽は、1950年代には影も形もなかったiPodからのもの。「私はウォークマン派」という人は、さすがにウォークマンをつなげないが、埋め込み式のCDプレーヤーやAM/FMラジオから好みの音楽を流すことが可能だ。

ヴィレッジ・ヴァンガードに置いてあってもおかしくないジュークボックスは、部屋にレトロな雰囲気をもたらしてくれる。カラフルな照明が特徴的なジュークボックスだが、現代的なiPod ジュークボックス(iPod Jukebox)はLEDを採用している。

音楽プレーヤーも著しい進化を遂げたが、ノスタルジックな気持ちに浸りたい人にとって、ジュークボックスは再評価されるかもしれない。iPod ジュークボックス(iPod Jukebox)などの形で。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ