アクティブな環境にも高音質を!カナル型スポーツイヤホン

3708
$179.95 (日本未発売)詳細ページ

音楽は気持ちや精神をコントロールできる力を持った強力なツールだ。スポーツと音楽の関係もまた、かなり密接。アクティブな人たちは聴く場所を選ばない。ストイックに追い込んでいる時は、むしろ周囲の環境音がジャマに感じる。そんな時は、音楽を聴いて自分の世界に入り込むほうが効果が上がる。集中状態における音楽が与えるメリットは大きい。
しかし残念なことに、スポーツ用と提案されているギアが、以外にも非力だったりする。特に、イヤホン・ヘッドホンに関しては。

現在のスポーツ用と称したイヤホンは、思いのほか装着感が良くない。少し激しく体を動かすと脱落してしまう。耳かけ式は、メガネとの干渉が起きる。長時間使用すると痛くなる。ヘッドホンは、重いし熱いで論外。それから”汗”の問題。これが、意外と疎かにされていて、水気に弱い物が多く出回っているのには驚かされる。パッケージ裏の注意書きに、「雨天時の使用は故障の恐れがあります」と見ると、「ハァ?」と思ってしまう。
スポーツ用イヤホン・ヘッドホンは、使用される環境が過酷なため寿命が短い。何度も買い替えの必要があるせいか価格が安く、音のクオリティ部分に満足できる物が少ないのだ。

イヤホン・ヘッドホン業界には、多くのメーカーがひしめき合っているのをご存じだろうか。モンスターケーブル(Monster Cable)というメーカーもその一つ。オーディオケーブルでは、かなりの有名どころだが、イヤホン・ヘッドホンに関しても、音楽通をうならせるハイエンドなモデルを発売、相当音質にこだわりを持つメーカー。そんなモンスターケーブルから、スポーツ用に特化した、カナル型(耳栓タイプ)イヤホン「iSport(アイスポーツ)」が発売された。

このiSport、他と何が違うのか?まずは装着方法が大きく違う。フック(スタビライザーとでも言うべきか)を付ける位置が、耳の穴の上の窪み部分(正式名称は耳甲介舟:じこうかいしゅう)にはめる。するとフックの反発力で窪み上部に張り付き、イヤホンを抜群の装着感と共に固定する。カナル型イヤホンにありがちなハウジング(コードが衣服に触れ、ガサガサ聞こえる現象)にも、ケーブルの形状を工夫することで解消してある。
さらに、iSportは丸洗いが出来る。たくさん汗を掻いても、清潔に気持ちよく使える。音のクオリティも言及する必要がなく、かつてないほどの音響空間の中で、思う存分スポーツに勤しむことができるだろう。
最高の音楽で聴かせてくれるiSport、是非押さえておきたい。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ