キャンピングにはジカロテーブル

3582

夏も近い!?夏といえばキャンピング!焚火台や剛炎を囲んで、団らんの場をつくるテーブルで、朝、昼、晩、火を中心にみんなが集まるテーブルとしてスノーピーク社より「ジカロテーブル」という商品が販売されました。友人や家族で行くキャンピング、絆を深めるために最適のアイテムです。

gigamen_Jikaro_Firering_Table01

その名もジカロテーブル

ジカロテーブルは、4分割されたテーブルトップの向きを変えることで外径サイズがチェンジでき、6-8人は快適に座れる仕組みになっています。コンパクトな収納状態で、4枚の天板と4つの脚部のシンプルなセット内容にもなっています。

テーブルの高さはローチェアやベンチで、しっかり食事がとれる高さ400mm、奥行260mm。 サイドにはマルチファンクションテーブル竹をセットできるようシステムデザインが施されています。素材は熱にも強く錆にも強いと言う所で、ステンレスの薄板の曲げ加工製です。

gigamen_Jikaro_Firering_Table02

個人的には、スノピーク製品は素晴らしいと思いますが値段を見て迷ってしまいます。。。しかいしジカロテーブルと焚き火台の製品は、スノピークの完成度は高いので、買って損はしないとは思いますが、後は自分の財布との相談ですね。。。

あと商品の重さが10kgあるので、腰痛持ちの人や、女性二人ですと重量的に持ち運びが大変かもしれません。

参照元:snow peak
この記事をシェア
0 0
記事のタグ