スティーブ・ジョブスとビルゲイツが持つ共通の能力とは?

1631
未定 詳細なし

成功者が共通して持っている能力

ビルゲイツやスティーブジョブスなど成功者と呼ばれる人たち歯、みんな「自ら学ぶ」という能力、つまり「自己管理学習」ができていたことが成功の大きな要因になっているそうです。ただ、多くの人が日常の誘惑に負けてやるべきことを後回しにしてしまいます。

そこで今回はどのようにして「自己管理学習」をしていくか、その重要なポイントをお話していきます。

私たち日本人が学校で学んできた形は「受身の学習」です。机に座りながら先生の話を聞く。そして、教わったことを暗記してテストでいい点を取ることが素晴らしいことという教育を受けてきました。しかし、ビルゲイツやスティーブジョブスは大学を中退しています。にもかかわらず一般的なサラリーマンの何百倍の給料をもらっています。

それは学習の形が違うんです。成功者は受身ではなく「能動的に」学習しています。自らの道を自分で作り、その道を歩んでいくにはどうすればいいのか頭をフル回転させて考えながら進んでいきます。誰かにやれと命令されていたのではありません。自己管理をしていきながら自分の人生を歩んでいっています。

ここでいう自己管理能力とは、「自分で考える能力、パターン認識力、そしてクリエイティブに解決策を導く能力に長けるという遺伝的な特徴を持っているという傾向があります。また、自己管理をしていくために持つべき5つのマインドセットがあります。

それがこちらです。

  1. 学習スタイルについて
  2. 学習に付きまとう「不安な気持ち」
  3. 学習の効率を高める「仕組み」と「結果にこだわること」
  4. メタの力を利用する

これからこの5つのマインドセットについてお話していきます。

1、学習スタイルについて

学習していく中で、「どの世に学ぶべきか」を見極めることが重要です。

例えば、初心者は例を示すことでより効率的に学習できる一方で、上級者は自ら課題を解くことでより多くの内容を学習します。学習においてはスタイルの使いわけが重要になってきます。

2、学習につきまとう「不安な気持ち」

自己学習を失敗させる原因は、知識やテクニックではんかう「不安になる気持ち」です。新しいことを学習する際に「自分はそんなに頭も良くないから勉強しても無駄になるんじゃないか」と不安になる気持ちが学んでいることの吸収率を下げてしまいます。

しかし、新しいことを勉強する際は不安にんる気持ちは避けられません。大事なのは、不安名気持ちになることを理解して上で、継続するということが重要になってきます。

3、学習の効率を高める「仕組み」と「結果にこだわること」

学習を効率よく行っていくには、仕組みを利用することが大切です。仕組みとは、人間はゲーム性を用いることで学習の吸収率を高めることが出来マス。何を学んで、何を学んでいないのかを把握し、うまく覚えられなかったときの対処法も知ることでゲーム性を取り入れることが出来ます。

また、学習をする際に目的意識を持つことも大切です。ある研究結果によると、英会話を学ぶとき、単語を最も多く覚えたのは「旅行に行く予定がある人」であることが分かっています。逆に、最も効果が悪かったのが「興味があった」と英会話を勉強し始めた人だったそうです。なので、自分が学習することによってどのような結果が欲しいのかを意識するようにしましょう。

4、メタの力を利用する。

反復して勉強することで「メタ効果」の恩恵を受けています。

学習は繰り返し行うことで自分に定着していきます。学ぶ→新しいことを学ぶ→忘れる→また学びなおすというサイクルを繰り返すことで、知識が定着していきます。

また、新しいことを学ぶ際に、頭の中にぼんやりと存在する全体像のスキーマです。スキーマとは脳内の膨大な知識が集まり、抽象的な概念として出現するものといえます。

色んな材料を元に、一段階高いレベルで何かが生まれる、これが「メタ効果」といえます。

その為に常に新しいものに触れることが重要です。なので、どんどんチャレンジしていきましょう。

 

記事参照元 https://www.psychologytoday.com/

この記事をシェア
0 0
記事のタグ