鉛筆に巻き付けられる動物型消しゴムが発売 紛失を防げる 全3種

895
7.50ドル(約810円)詳細ページ

鉛筆で書き物をしている時、あるはずの消しゴムが見当たらず、机の上を探し回ったことがある人には興味深い商品を紹介します。英国のギフトショップ「SUCK UK」は先日、密林に生息する動物の形をした、鉛筆に巻き付けられる消しゴムと鉛筆のセット「Jungle Erasers」を発売しました。

巻き付けっぱなしでも書き物の邪魔にならない

「Jungle Erasers」の消しゴムのラインアップは橙色のナマケモノ、緑色のカメレオン、水色のヘビの3種類。書き物をしている間も鉛筆に巻き付けていれば、消しゴムがなくなることはありません。動物の重さは最大でも36グラム(ナマケモノ)しかないので、鉛筆の長さが半分以下にならない限り、書き物の邪魔にはならないでしょう。

「Jungle Erasers」の消しゴムにナマケモノ、カメレオン、ヘビが採用されたのは、彼らが密林でしがみつく木の枝が鉛筆とどことなく似ているからでしょう。動物の形をしたカラフルな消しゴムは子どもが喜びそうですが、顔や皮膚の作りはなかなかリアルで、好き嫌いが分かれそう。ヘビなどは爬虫類好きにもウケると思われますが、苦手な人の前では出さない方が良いでしょう。

使うのがもったいないと感じたら、飾りとして

対象年齢6歳以上の消しゴムと鉛筆のセット「Jungle Erasers」は「SUCK UK」のオンラインストアから購入できます。手に入れた動物型の消しゴムが思ったよりかわいくて、使うのがもったいないと感じたら、あくまで飾りとして鉛筆に巻き付けましょう。それとは別に普通の消しゴムを用意し、それを紛失した時はナマケモノ、カメレオン、ヘビの出番、という使い方もあります。

参照元:

suvk.uk.com

https://www.suck.uk.com/products/jungle-animal-erasers/

この記事をシェア
0 0
記事のタグ