透明な丸氷でお酒をより美味しく。モダンな全自動製氷機の先行販売が好調

1461
699ドル(約9万4000円)詳細ページ

米国発、ウイスキーをロックで飲みたい方にうってつけ、透明で溶けにくい丸氷・角氷を作れる全自動製氷機「Juniper」の先行販売プロジェクトが4月末、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で1769人から支援を受け、成立しました。

8時間で直径6.4cmの透明丸氷4個完成

キッチンカウンターやダイニングテーブルに置ける「Juniper」の使い方は簡単。側面からタンクを取り出し、水道水を入れて戻し、氷の形・種類を選べば、後はショットグラスサイズの透明な氷が8時間で完成し、内部容器に保冷されます。全自動なので、氷を取り出す手間はかかりません。

「Juniper」で注目すべきは、大きくて透明な氷完成までの時間が短いことです。「アクティブコア凍結」という独自技術により、8時間で直径6.4cmの透明な丸氷4個または一辺5.1cmの透明な角氷4個が完成します。スピードモードを選ぶと、4時間で大きな非透明氷も作れます。

発送先に日本は含まれず、お届けは来年秋

なぜ透明な丸氷を早く作れる「Juniper」が人気なのか。それは透明な丸氷は溶けにくく、ウイスキーなどの冷たさをキープできる上、味が水っぽくなりにくいから。そんな魅力的な丸氷を一度に4個も作れる上、内部容器で最大8個保冷できるのですから、支援者が伸びるのは納得です。

主にアルミ製のモダンなデザインも光る際立つ「Juniper」は家でお酒を楽しみたい方とお店に置きたい方、両方から注目されているとみられます。注文したい方はメーカー商品ページへ。ただし発送先は米国、カナダ、豪州、英国、EU加盟国限定で、お届けは来年秋(!)になります。

メーカー商品ページ

<参考元>Kickstarter

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ