日本のおとぎ話のようなフラワートンネル「河内藤園」が世界で話題に

7135

写真から伝わってくるのは驚くような光景ですね。まるでおとぎばなしのような世界が広がっていますが、これはもちろん現実世界のものであり、しかも日本国内に存在します。場所は、九州福岡県、北九州市の河内(かわち)藤園。知る人ぞ知る、素晴らしい空間は、屈指の広さを誇る私園の中にあります。

幻想的で美しい紫のトンネルの正体はフジです。「むらさきばな」などと呼ばれているフジの見ごろは春。紫だけでなく、さまざまな色のフジがここにはあります。

藤の見頃は4月下旬~5月中旬

フジは日本各地で見ることができますが、このように圧倒されるほどのフジが見られるのは少ないのではないでしょうか。「藤」という文字は昔から人名などに用いられてきたように、どことなく日本的な美しさを感じます。私たちにとっては何か惹かれるものがあるはずです。

さて、河内(かわち)藤園(北九州市八幡東区河内)へのアクセスですが、JR鹿児島本線の八幡駅から車で20分ほど、河内貯水池のそばにあります(近くには温泉やレストランも)。宣伝がされてないこともありますが、季節によって入場料が変わるので注意が必要です。ちなみに、春はフジだが、秋は紅葉の名所としても知られています。近くには美しい夜景で知られる皿倉山があり、近所の方は目の保養に出かけてみてもいいかもしれません。

藤の見頃は4月下旬~5月中旬。入園料は300円〜1,000円(開花状況により変動)。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ