キーボード型のワッフルを食べれば心はベルギー Keyboard Waffle Iron

1641

ワッフルはベルギーが発祥の地とされており、ベルギー・ワッフルが圧倒的に有名だ。しかし、フランス・ワッフル、ブリュッセル・ワッフル、リェージュワッフル、アメリカン・ワッフルなど、様々な種類がある。私はあまり食べないのだが、なかなか美味しいらしい。

gigamen_Keyboard_Waffle_Iron01

ワッフルがキーボードに

そんなワッフルをキーボード型に出来る「Keyboard Waffle Iron」が登場し、話題となっている。日本人ならばついたこ焼きを作りたくなるような形をしているが、列記したワッフル用のフライパンである。

キーボード部に穴が空いているので、そこにクリームやチョコレートを流しこむことも出来そうだ。これはなかなか美味しそうではないか。

gigamen_Keyboard_Waffle_Iron02

プロ野球のある球場では、コンコースにワッフル屋が併設されているところがある。私の友人は、試合よりもワッフルを食べることが楽しみなようで、野球に目もくれず、ワッフルばかり食べている。ちなみに、腹の方もかなりワッフルとなっている。

それはともかく、Keyboard Waffle Ironがアレば、様々なバリエーションのワッフルを楽しむことが出来そうだ。

参照元:Keyboard Waffle Iron

この記事をシェア
0 0
記事のタグ