自転車を皮製バックに収納する~Kit Bike Bicycle~

7100

自転車をバックに入れて持ち歩く。それは折り畳み式自転車をお持ちの方であれば、言ってみれば当たり前のことですよね。でも折り畳み式自転車は、普通は二つ折りだと思いますので、専用バックに入れると、結構な大きさになります。一見して折り畳み式自転車だと分かります。

ご覧いただいている自転車「Kit Bike Bicycle」は、なんと円形の皮製のバックに収まってしまうのです。この皮製バックを見た方は、バックの中身は想像できないと思いますが、まさか自転車が入っているとは想像もしないでしょう。

なぜここまでコンパクトに収納する必要があるのか。特に日本人は小さくまとめることが好きですからね。この収納に美学すら感じてしまいます。

gigamen_Kit_Bike_Bicycle01

シンプルであるが故にコンパクト

また、別の角度からKit Bike Bicycleを見ると、自転車の部品って21個で足りるんだ、という驚きです。これは私だけの感想でしょうか。もっとたくさんのパーツからできていると思っていましたが、それは変速機などの便利な部品が自転車には当然に付属しているという固定観念が原因なのだと思います。

物事はシンプルに考え、シンプルに構成されるべきなのではないかなどと考えさせられるKit Bike Bicycleです。

gigamen_Kit_Bike_Bicycle02

参照元:Kit Bike Bicycle

この記事をシェア
0 0
記事のタグ