KLMとイージージェット、アムステルダム発着路線を拡充へ レンヌ線など

308

KLMオランダ航空は3月26日からアムステルダムとフランス北西部ブルターニュ地方の中心都市であるレンヌを結ぶ直行便を1日1往復で開設します。フライト時間は1時間35分、運航機材は88席のエンブラエル175型機です。

KLMのフランスネットワークはレンヌで8都市に

KLMが新たに乗り入れるレンヌは、カラフルな木骨組みの家などの伝統的な建築が残存しており、ソーセージガレットやクレープを食べながら散策したくなる街です。レンヌ市内を流れる川や湖ではウォータースポーツ(カヤックやスタンドアップパドルボード)が盛んです。

KLMのフランスネットワークはレンヌで8都市目となります。他の就航都市はパリ(シャルル・ド・ゴール)、ボルドー、リヨン、モンペリエ、ナント、ニース、トゥールーズ。アムステルダムと大都市マルセイユを結ぶ直行便はKLMと提携関係にあるエールフランスHOPが運航中です。

イージージェットはジャージー島、ミコノス島線を開設

今春からアムステルダム発着路線を充実させるのはKLMだけではありません。英国の格安航空会社、イージージェットは4月から英王室属領ジャージー島とアムステルダムを結ぶ夏季限定便を最大週2往復で開設します。ちなみにジャージー島とレンヌは直線距離で約120kmです。

イージージェットは6月28日からアムステルダムとギリシャのミコノス島を結ぶ夏季限定便も開設します。アムステルダムとエーゲ海に浮かぶリゾート地を結ぶ夏季限定便はKLM傘下の格安航空会社、トランサヴィアも運航予定です。

<参考元>KIM
<参考元>easyJet

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ