「ウラカンGT3」登場!

3392
未定 詳細なし

ランボルギーニは1月21日、2015年からFIA-GT3に投入するニューマシン、「ウラカンGT3」を公開した。

ウラカンGT3は、ランボルギーニ・ウラカンをベースに、世界各地で開催されているFIA-GT3規定に適合した市販レーシングカーとして、それまでの「ガヤルド」に変わる市販レーシングカーとして開発された。

ダラーラと共に開発される初の自社制作マシン

ブランパンGT3シリーズやスーパーGT300クラス等、世界中のレースで採用される市販レーシングカーを用いるFIA-GT3規格は、コストキャップが定められ多くのユーザーを抱えており、メーカーから委託を受けたチューナーにより多くのGT3カーが販売されている。

このウラカンGT3は、ランボルギーニが完全に自社で製作することになる初のGT3カーで、レーシングカーコンストラクターのダラーラ・アウトモビリとの協力で製作される。

gigamen_Lamborghini_Huracan_GT3_01

グリーンのカラーリングがカッコイイ!

ダラーラとともに開発された前後フェンダーや、リヤディフューザーなどを装着したボディに、インドネシアの石油企業、プルタミナのロゴが付けられたグリーンのカラーリングで登場したウラカンGT3はアルミ/カーボン製のシャシーで重量は1239kg。V10エンジンに6速ギアボックスを装備する。

間もなく実戦へ投入

ウラカンGT3は、2015年のスパ24時間をはじめとする、ブランパンGT3シリーズに参戦するグレッサー・レーシングに採用され、2016年には北米やアジアなど、世界中のレーシングチームに販売される。

価格は369,000ユーロ(約5,000万円)とされ、日本ではスーパーGT300クラスにも登場が期待されている。

動画を見る 

参照元:Carmag

この記事をシェア
0 0
記事のタグ