真っ赤なドレスにキラーハット、あなたはこの暴れ馬を扱える?

1309

フランスのコニャックメーカー、ランディ。

うーん、十数年前、私が輸入洋酒のバイヤーを務めていた頃にはあまり馴染みのない銘柄でした。イメージとしては、グレイハウンドをキャップにあしらっていたどちらかといえば伝統を傘にした鼻持ちならないコニャックメーカーというのが、ひとつ。

ところがそんなチャールス5世だのとトラディショナルを重んじるメーカーが、思いっきりエスプリをきかせて市場に投入したのがこれ、真っ赤なドレスにキラーハットをまとったランディ・コニャック・デジール・レッドなのです。

デジール、欲望という名を冠せられたコニャックは、オークバレルで20年以上熟成された原酒をブレンド、かすかにバニラと甘草の香りを感じさせながらも、豊かで複雑な香りはまさに名の由来となったデジール(フランス語で『欲望』の意)を表しているのだとか。

もちろんボトルのシェイプにあわせてオリジナルの衣装を着せることも可。近年では米のラッパー、スヌープ・ドッグをフィーチャーさせた、いかにもなDudeなイメージが粋。敷居は高くともわかるヤツにはわかる。あなたを高めてくれる一品、なのです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ