ルノーのスペシャルカーはル・コルビュジエ没後50年を記念した豪華カー!

1274
未定 詳細なし

ルノーが建築家「ル・コルビュジエ」の没後50年を記念したスペシャルカー「クーペ・コルビュジエ」を公開した。

日本の国立西洋美術館も設計した巨匠

ル・コルビュジエは近代建築の三大巨匠と呼ばれ、数多くの歴史的建造物を設計してきた。彼はスイス生まれのフランス育ちで、主にフランスでその力を発揮して来た。

主な実績としてあげられるのが、ロンシャンの礼拝堂やラ・トゥーレット修道院などで、その出来と高いデザイン力が注目され、世界からデザインや設計の依頼が殺到した。

日本も例外ではなく、国立西洋美術館の基本設計をル・コルビュジエに依頼している。御存知の通り、日本らしさを失わず、そしてどこかに西洋の香りがする建物となっている。

ルノーがスペシャルカーで弔い

そんな偉大なる建築家をイメージして製造したのが、「クーペ・コルビュジエ」である。見ての通り非常にクールで、それでいてどこかモダンな香りがする。ボディはシックなシルバーで固められ、浮つかない大人のスポーツカーと言う雰囲気を醸し出している。

「クーペ・コルビュジエ」はあくまでもコンセプトカーで、市販の予定はないそうだ。少々残念である。

参照元:auto blog

この記事をシェア
0 0
記事のタグ