使い方を提案!ヴィンテージ風LEDランタンスピーカーを紹介

1950
1万2744円詳細ページ

これ一個あれば、ガラス越しに輝く灯りとスマホに入っている音楽を同時に楽しめます。日本発、MoriMoriブランドのLEDランタンスピーカーがMoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインストアでベストセラーになっています。

灯りの強弱はつまみ、音量はスマホ上で調節。

LEDランタンスピーカーを一度使ったら、単なるLEDランタンやBluetoothスピーカーを物足りなく感じるでしょう。照明器具としても音響機器としても使えるのはやはり魅力的。しかもLEDランタンはガスやガソリンを用いる燃料式よりずっと使いやすいです。microUSBケーブルで充電し、点灯ボタンを押すと、ガラスグローブの中で灯りが付きます。灯りの強弱はつまみで調節可。

スマホに入っている音楽を鮮明に、全方位に届けるBluetoothスピーカーとBluetooth接続ボタンは商品本体のベース部分に埋め込まれています。スピーカーの上にヴィンテージ風のランタンが乗っかっているイメージです。音量調節はスマホ上で行います。充電時間は4時間、音楽再生時間は5時間以上。外で一日中使うなら少し物足りないと感じるかもしれません。

就寝前の使用で寝付きの悪さが改善されるかも?

LEDランタンスピーカーの見た目は19世紀の石油ランプを彷彿とさせます。これほど美しいLEDランタンはそう簡単には見つからないでしょう。MoMAのキュレーター(専門職員)が「Good」と認めたデザインです。お洒落なインテリアグッズは訪問客の目を引くこと間違いなし。MoMAデザインストアではグリーンとホワイトの2色から選べますが、人気が高いのは前者。

ところで、筆者の本棚にある、快眠セラピストの三橋美穂さんの著書『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』では、「スムーズに眠りにつくメソッド」として、就寝1時間前から照明を薄暗くしたり、就寝前に自然音を聴いたりすることが推奨されています。LEDランタンスピーカーを暗くした部屋に置き、灯りをともし、静かな音楽を流せば、寝付きの悪さが改善されるかもしれません。

参照元:MoMA Design Store

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ