ライカとBMWがコラボレーションして生まれたカメラ

1745

ライカとBMWと言えば共にドイツを代表する有名企業である。この両社がコラボレーションして生まれたカメラがあることをご存知だろうか?そのカメラとは「Leica X1 BMW Limited Edition Camera」。

600台限定ということで3500ドルで販売されていたが、残念ながら現在は販売を終了してしまっているようである。ライカの定番のデザインはそのままに、カラーリングは全体的に落ち着いた小豆色を採用しているLeica X1 BMW Limited Edition Camera。ぱっと見た目にはBMWとのコラボレーションであることが分かりづらいが、本体上部にはBMWの文字の刻印があり確かにBMWとコラボレーションしたライカであることが分かる。

価格も高く、次々と買い替えることは難しいライカ。それだけに一生に一台のライカとして気に入った限定バージョンが発売された際には逃さずゲットしてもらいたい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ