最新モデルのメモリーカード、容量は256GB

1682

今回取り上げるのはLexar(レキサー)のメモリーカードだ。私が今作業しているdynabookに刺さっているのは同じくLexarのUSBメモリー(4GB)。作業に必要なWordファイルや請求書などのExcelファイルが保存してある。それだけなら十分なのだが、音楽や動画ファイルを詰め込むとすぐに容量が一杯になってしまう。

ところがLexarの最新モデルである『256GB Professional 400x SDXC UHS-I』は4GBのメモリーカード64枚分の容量が確保されている。これさえあれば容量の心配はそうそうしなくて済む。プロのカメラマンや映画関係者なら「まだ足りない」と思うのかもしれないが。

もちろん4GBのように1000円ちょっとで購入できるわけではない。それなりの価格がすることは頭の中に入れて置いてもいいだろう。同じサイズでもパフォーマンスとコストはそれなりにするということか。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ