水没も大丈夫!防水コーティング安心スマホ!

2422

スマートフォンの一番の弱点は水没ではないでしょうか?私のiPhoneもお茶をこぼしてしまい、ライトが点いたままになっています。トイレに落としてしまったり、浮気がバレて彼女に水をぶっかけられたり。ショップに直してもらいに行ってみても水没はデータもリセット、さらに高額。スマートフォンにとって水は大敵なのです。水と油と言う言葉は相性の悪いもののたとえですが、水とスマホも実に相性の悪いもの。

これだけ技術革新が進んでいるのに水の対策もできねえのかよ!と怒りに震えてスマホを風呂に投げようとしている人、ちょっと待ってください。アメリカのGadget Evolutionsが防水コーティング「Liquipel (リクイペル)」を発売したのです。先月アメリカで開催されたCES2012(国際家電ショー)にも出展された本品。防水ケース等も必要なく、独自開発のコーディングを施すと防水効果が現れるのです。このLiquipel (リクイペル) は頭髪の1000分の1という薄い層で出来ています。見た目は全く見えないし、パフォーマンスが低下するということはありません。

動画を見てもらえば分かるとおり、水につけ、上から水を掛けたとしても全く動作に問題がありません。Liquipel (リクイペル) をコーティングするためにはスマホをGadget Evolutionsに送付する必要があります。ちょっとイヤかもしれませんが、コーティングの後のことを考えれば楽なものですよね?浮気がバレて水を掛けられても安心です。でも浮気は止めましょう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ