はめるメリットたくさん!絵文字入りサイクルグローブの人気沸騰

828
30ポンド(約4400円)~詳細ページ

個性的なサイクリンググローブを探しているサイクリストは要チェック。英国発、手のひらに描かれた絵文字で歩行者もドライバーも笑顔にするグローブ『Loffi.』の商品化プロジェクトが10月、米クラウドファンディングサイトの「キックスターター(Kickstarter)」で立ち上がりました。

笑顔の絵文字が自転車と自動車間の揉め事を減らす。

黒地の『Loffi.』の手のひらにはニッコリ笑顔の絵文字が白色で大きく入っています。これは自転車に乗る人と自動車を運転する人との間の揉め事を減らすためのアイデアです。自転車に乗っている時、車のドライバーに笑顔の絵文字が見えるように手を挙げてあいさつすれば、ドライバーは思わずニッコリするでしょう。グローブをはめているサイクリストもやさしい気持ちになるはず。

グローブ本来の役割は手の保護。『Loffi.』は手のひら部分に非常に丈夫で柔らかい2層のスエードレザーを採用。笑顔の絵文字部分はパッドになっており、手のひらで最も痛みを感じやすい部位をしっかり保護します。手だけでなく、自転車に乗る人の命を守るため、手の甲には笑顔の絵文字の形をした反射材が備わっています。

親指部分のフリースは汗や鼻水が垂れた時に役立つ。

親指部分には吸水性と速乾性に優れるフリースが用いられており、自転車に乗りながら汗や鼻水が垂れた時にサッと拭えます。水をはじき、風を通さず、通気性にも優れるサイクルグローブは素手と同じようにスマホを操作できます。タッチスクリーンで地図を拡大する際に手袋を脱ぐ必要はありません。

『Loffi.』の商品化プロジェクトは目標額の5170ポンド(約75万8000円)を36時間でクリアしました。11月13日時点の調達額は何と2万1800ポンド(約320万円)に上ります。この記事を読んでくれているあなたも歩行者や自転車や自動車が行き交う道路にサイクルグローブで笑顔をもたらしてみませんか。

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ