即実行!自信ない胸板もカモフラージュできるこの3点

1210
未定 詳細なし

ムキムキとは言わずとも、もう少し胸板があるとカッコいいんだけど。といっても、筋肉をつけるのは今日や明日では無理なことは百も承知。じゃあ、とりあえず、パッと見、胸板ありそうに見せらないだろうか。出来る!女性が「着やせ効果抜群ファッション」をするのと同様、男だってちょっとした目の錯覚で見た目をちょい良くできるのだ。しかも、この簡単な3点でどうにかなりそうだ。これはすぐ実行のみ。

1 シャツの縫い目は上に

縫い目が肩のどの辺にあるかで見た目が違ってくる。下の方にあると、肩が下がった印象で、縫い目から下の面積も小さくなるので、胸周りの広さがでない。縫い目が丁度肩にあると、胸板周りが大きく見えるのだ。

2 サイズ

細い体型を隠そうと大きめのサイズを着るとより中身が小さく見えてしまうもの。フィット感のある服は、胸や上腕二頭筋を強調してくれる。だからと言って、ピタピタにフィットする服が良いというものでもないが、胸周りではなく、腕と肩にフィットするサイズを選ぼう。コットンTシャツは、少し伸縮性の入ったものがお勧め。皺にもなり難いし、着心地も良し。Vネックの方がお洒落に見え、首元がすっきりする分、ぴったりとした腕と肩がより引き立つようだ。

3 柄

横線は広がって見え、縦線はすっきり見える。この誰もが知ってる目の錯覚の基本。とにかく大きく見せたいなら、胸に横ラインの柄があるものやボーダーがてっとり早い。ただ、ボーダー柄は、幅や服のサイズが大きすぎると子供っぽく見えてしまうので注意。また、上の方に濃い色、下の方に薄い色といった色のグラデーションでも胸周りが大きく見える。

最後に、姿勢!これが一番大事かもしれない。スマホ首なんて症状名も出てくるくらい、最近は猫背がかなり増えているようだが、これこそ、体型を乏しく見せてしまう原因のひとつ。
あのお笑い芸人のように必要以上に反らせなくてもいいが、肩甲骨を動かし肩を開いて少し堂々気味の姿勢を心掛けてみよう。

参考サイト:Men’sHealth

この記事をシェア
0 0
記事のタグ