頑固な下っ腹の贅肉を落とす秘訣とは!?

12403
未定 詳細なし

簡単につくのになかなか落ちない下腹部の贅肉を落とすにに困っていませんか?ダイエットして、体重は落とせても何故か下腹部だけタップタプな人。頑固な下っ腹の贅肉を落とす秘訣をご紹介します。困っている方、必見ですよ!

1. 睡眠

お腹の脂肪は、内臓脂肪として知られています。そして睡眠不足になると正常なホルモン分泌が行われず代謝も悪くなり、内臓脂肪を増やすことにつながります。質の良い睡眠で内臓脂肪の改善をしていきましょう。また、睡眠時間は週末も同じスケジュールで取ることが効果的です。

gigamen_Losing_Belly_Fat01

2. タンパク質を取る

良質なタンパク質を含んだ食事は、お腹の脂肪を減らすだけでなく、脂肪を減らすために必要な筋肉をつけるためにも必要な成分です。反対に炭水化物中心の食事だと、インスリン値を上げてしまいます。お腹に脂肪がつく原因のひとつが体内のインスリンです。

このインスリンには、脂肪が合成されるのを促進する働きがあります。タンパク質を多く炭水化物を少ない食生活を心掛けましょう。

gigamen_Losing_Belly_Fat02

3. 多価不飽和脂肪酸

クルミ、松の実、ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ類や魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸を積極的に取り入れましょう。これを含む食品を摂取することで脂肪を撃退することができるといいます。間食にはナッツ類を、夕食には魚を多く食べましょう。

gigamen_Losing_Belly_Fat03

4. お茶

緑茶や紅茶、ウーロン茶などに含まれるカテキンなどのポリフェノールは軽度の熱発生を促すとともに、炭水化物に対する欲求を減退させる作用があるとも言われます。

1日に2杯のお茶を飲む習慣をつけ、運動前にもお茶を飲むことで、代謝を高め脂肪燃焼を促進させることができます。

gigamen_Losing_Belly_Fat04

5. 食物繊維

食物繊維は人の消化酵素では消化されにくい成分です。消化が遅いため、食後の血糖値の上昇を緩やかにしたり、腹持ちを良くしたりと、健康的なダイエットに欠かせない栄養素です。

gigamen_Losing_Belly_Fat05

6. ヨガ

ヨガをしている人は、お腹の贅肉があまりありません。インナーマッスルを鍛えられるのがヨガです。お腹まわりのインナーマッスルを鍛えることで、脂肪を消費しやすくなるといった効果が期待できます。

gigamen_Losing_Belly_Fat06

7. 有酸素運動

お腹の脂肪をなくすのに運動は欠かせません。脂肪を減らすのに効果的な運動は、有酸素運動です。ウォーキングでも、水泳でも、ダンスでも、自分の好きな有酸素運動を無理なく続けるようにしましょう。

gigamen_Losing_Belly_Fat07

食事の管理と効果的な運動をして十分な睡眠を取ることでお腹周りの贅肉を落とすことができるんですね。一度つくと落としにくい贅肉。。。作らないように心掛けることも大切ですね。

参照元:PressRoomVIP

この記事をシェア
0 0
記事のタグ