Lotus チーム、ルマン24時間参加断念、理由は「ホモロゲーション!」 

1951
未定 詳細なし

先日、奇抜で斬新な新型バイクを発表して話題となったイギリスの自動車メーカー、ロータス・カーズの2014年、6月にフランスにて開催されるルマン24時間耐久レースへの参加断念が決定した。

理由としては使用車両の「ホモロゲーション」が間に合わなかった為とこ事、この記事をご覧の皆様でモータースポーツに詳しくない読者の方は「ホモロゲーション?」なんだか卑猥な言葉~

なんて思っているかどうかは知らないが、僕と同じようにモータースポーツに疎い皆さんの為に説明すると、「ホモロゲーション」とは、ギリシャ語が語源で承認、認証という意味、国際自動車連盟などが公認レースにおいて定める出場車両の厳格な規定である。

エンジン排気量、車両の改造内容などなど、分かりやすく言うと、一般公道を走行する際に必要な車検がルマンのような本格的なレースにもあり、それに間に合わなかったということ。

gigamen_lotus_team_out_le_mans01

歴史あるロータス・カーズ、シーズン後半の活躍に期待

6月のルマン参戦は残念ながら叶わなかったロータス・カーズだが9月頃にはレース参戦との事。ただ6月のレース参戦はないが、ルマンの会場にはロータスのレーシングカーT129も登場するらしくファンには嬉しいニュースだ。

奇抜なバイクを発信してファンを驚かせてくれた時のようにロータス・カーズのレースでの驚くべき活躍に期待してしまう。

gigamen_lotus_team_out_le_mans02

 

参照元:Autoblog

この記事をシェア
0 0
記事のタグ