月が出た出た~iPhone5に出た~?

146

「月が~出た出た~♪ 月が出た~ハ~よいよい♪」と聞けば、夏の盆踊りなどで流れる曲ですね。最近は、あまり聞かなくなりました。この曲は炭坑節と言います。福岡県大牟田市に存在した、三池炭鉱で生まれた曲と私は認識していましたが、どうやら福岡県田川市から三池炭鉱を眺めた様子を歌ったものなのだそうです。意味については諸説あるようですが、三池炭鉱で働いていた女性労働者が恋人を月に見立てて想いを馳せた歌なのだそうです。

日本人にとって月は神秘的なものであり、神聖なものとして扱われて来ました。そんな月を、現代の月とも言うべきiPhone5のケースにしてしまったのが「Luna Concrete Skin for iPhone5 (ルナ コンクリートスキンiPhone5)」です。「ルナ」とはラテン語で「月」を意味します。探査機でみた月の表面のイメージを忠実に再現し、製造されたiPhone5ケースなのです。

Luna Concrete Skin for iPhone5に使用されている素材は、収縮性に優れており、軽量ですから重たいのでは?という心配も要りません。シックでオシャレなLuna Concrete Skin for iPhone5には、炭坑節ではなく、LUNA SEAの曲が良いかもしれませんね。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ