まるでホログラム? レーザーが架空のキーボードを出現させる!

4550
¥11,891詳細ページ

これを画期的なガジェットを言わずして何と言う。

レーザーキーボードの『マジックキューブ(magic cube)』がセルオンから発売中。持ち運び可能なワイヤレスキーボードは、しかしながら、私たちがイメージするキーボードとは大きく異なるのだ。

たったの78グラムしかない“魔法のキューブ”には入力するためのキーがない。あるのは赤外線エミッター、入力を感知するセンサー、キーボードを“出現”させるプロジェクターだ。これらによって、平らで透過していない面であればどこでもレーザーで架空のキーボードを浮かび上がらせることができる。まるでホログラムのように各キーが再現されるのだ。

見た目のインパクトもさることながら、スマートフォンやタブレットでメールや書類を作成する際に重宝しそうな『マジックキューブ(magic cube)』。キーボード入力に慣れている人は同じ感覚で打ち込むことが可能になる。工夫次第ではタブレットをラップトップのように使うこともできるだろう。

マジックキューブ(magic cube)』はAppleのiOS 4以降、Mac OS X、MicrosoftのWindows XP以降、Windows Phone 7、Google Android 2以降に対応している。充電はUSBケーブルで可能だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ