ビシビシとビスを打ち込んでスッキリしてください。

1119

休日に家族からの要望に応えて、あるいは自分の趣味として、いわゆる日曜大工をすることがある。書斎に小さな棚をこしらえてみたり、庭にあるプランターを整理するために棚を増やしたりする程度である。釘を打ったり、ビス止めしたりするわけだが、もちろんこれは金槌やドライバーを使った手作業である。

もし手作業なんていう時間を掛けている余裕のない方には「Makita Cordless Autofeed Screwdriver (マキタコードレスオートドライバー)」を紹介しよう。一見すると、マシンガン?ゲジゲジロボット?という感じだが、これはあらゆるボードや木材などのビス止めに使うことができる優れものだ。1本のビスを止めるのに3秒と掛からない。しかもマシンガンのように次々と打ち込むことができる。Makita Cordless Autofeed Screwdriverを使うことによって、これまで半日掛けて行っていた日曜大工が1時間で終わってしまうだろう。重量は2キロ余りなので長時間の作業にも耐えられるし、充電式なので電源を取りにくい場所での作業も安心である。

Makita Cordless Autofeed Screwdriverは、のどかな昼下がりに額に汗をかきながら行う日曜大工の概念を変えてしまうだろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ