マヤ文明にQRコード?新たなオーパーツ??

2090
未定 詳細なし

マヤ文明と言えば、今から5000年以上前に栄えた謎が多い文明です。

考古学者の見識では非常に高度な天文学が発展した文明であり、
天文学が発展する為に十分な数学的な理論もあった文明であると言われています。

そして、その数学的な正確さは現代のスーパーコンピュータと同等レベルの物があるだけでなく。、

現代文明でも再現が不可能な測量技術を使った建造物なども存在します。

こちらは、南米コスタリカの博物館に貯蔵されているマヤ文明の彫像です。

maya1

顔の部分に注目してみると、何やら顔ではなくQRコードのような幾何学模様が刻まれています。

maya2

もちろんQRコードコードは5000年前から存在しているものではなく、

1994年に日本のデンソーが開発した、縦横の幾何学模様で多くの情報を格納できる技術です。
QRコードは数字のデータだけでなくアルファベットや漢字のデータも格納できる技術です。
縦横に情報を持つ。そのため、格納できる情報量が多く、
数字だけでなく英字や漢字など多言語のデータも格納できる
そしてこの一見QRコードのような彫像の顔ですが、
実際にデータが読み取れるのかどうか検証してみると・・・・

maya3

データが読み取れるだけでなく実在するホープページへアクセスできるのです!

maya4

なぜ5000年前の彫像の顔がQRコードのような造形なのか?
そしてなぜホームページに飛べるのか?

本当にマヤ文明には解明されていない謎とロマンが沢山ありますね。

真相は如何に??

掲載元
areazone51ufos.blogspot.jp/

この記事をシェア
0 0
記事のタグ