マシュマロを砲弾にしたバズーカ砲、その名はマズーカ

3705

大真面目で、こういうモノがあるのだ。マシュマロを砲弾にしたバズーカ砲、その名は「Mazooka (マズーカ)」。Mazookaを、本物のバズーカ砲のように肩にのせて、四角い黄色の照準器をカシャッと開く。そして狙いを定める。この照準器が、まず本格的なのだ。

LEDで光るラインが枠の中に見え、標的をきっちり捉えることができる。トリガーを引くと、内蔵コンプレッサーで圧縮された空気がマシュマロを射ち出す。これがハンパない威力。発射されたマシュマロは、何と12m以上も飛んで行くのだ。一発目を発射すると、コンプレッサーが自動的に圧縮空気をチャージ。それが完了すると、照準器の横のLEDが点灯して2発目の発射準備完了。マシュマロ弾を装填して、さあ、倒す相手を探そう。

ところでこのMazooka (マズーカ)、何に使えばいいんだろう?趣味の射撃?サバイバルゲーム?パーティーに持って行って、大口開けてる誰かの口にマシュマロをおみまいする、とか?会社の宴会で、冗談のふりして、憎い上司を狙い撃ちするのもいいかも。だって、飛んで来たのがでっかいマシュマロじゃあ、誰も本気で怒れないもんね。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ