マクラーレン「675LT」をジュネーブショーでワールドプレミア。でもF-1の方が心配。

5214
未定 詳細なし

マクラーレンは3月3日に開幕するジュネーブショーで「675LT」をワールドプレミアします。675LTは「650S」をベースとする新バリエーションモデルで、軽量化および空力の向上を行い、高出力化によりサーキットにおける走行性能をさらに高めたモデルで、公道走行も可能ということです。

100kgのダイエット成功

ベースとなった「650S」もカーボンパーツをなど軽量素材により軽量化されていますが、675LTではさらにカーボンパーツ比率を高めるなど、「650S」と比較して100kg軽量化され、車両重量は1230kgに抑えられている。

gigamen_McLaren_675_LT01

675馬力のパワーが車名「675」になった

パワーユニットは「650S」同様、3.8LのV8ターボエンジンは、新設計された50%のパーツでパワーとトルクを向上させています。最高出力は675psに向上し、車名の由来「675」になっており、「LT」はロングテールの略です。「650S」より全長は35ミリ長くなっています。

マクラーレンの公表値によると、675LTの0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速は7.9秒で、最高速度は330km/hに達するということです。価格は、少なくとも約£26万以上ということですが、えーとレートは現在・・・すごく高価ということでしょう。

gigamen_McLaren_675_LT02

マクラーレンと言えば心配事が・・・

マクラーレンと言えばF-1の「マクラーレン・ホンダ」。開発に苦労して満足にテスト走行も出来ないでいる上に、アロンソ選手のアクシデントもあり心配になってきますが、この675LTの様に華麗にデビュー出来るでしょうか。

参照元:Car Magazine

この記事をシェア
0 0
記事のタグ